カーレスキューのロードサービス

カーレスキューが提供するロードサービスの中身

カーレスキューは、タイムズレスキュー株式会社が提供するロードサービスです。

カーレスキューのサービス拠点は全国で約9,500ヵ所あり、JRSの約9,600ヵ所に次ぐ規模 となっています。

全国の至る地域でロードサービス専門のスタッフが24時間いつでも、バッテリー上がりやパンク、 ガス欠、キー閉じ込みといったよくあるトラブルから車の事故・故障後のアフターフォローまで対応してくれます。

しかもカーレスキューは専門スタッフが直接現場まで来てくれるにもかかわらず、 専門スタッフを配備してるJAFのよりも入会金と年会費のどちらの費用も安くなっています。

カーレスキューの入会金は310円(税込)、月会費は216円(税込)(年換算で税込2,592円)です。

JRSよりは多少高いですが、専門スタッフに任せられることを考えると 十分納得の価格となっています。

もしレッカー移動のサービスを受ける場合、JAFとJRSと同様に15kmまでは無料となっています。

超過分についてのカーレスキューの料金はJRSと同様に、昼は1kmにつき540円(税込)、 夜は648円(税込)となっています。

またアフターフォローもついていて、そのサービスはJRSとほぼ同じ内容となっています。

大きく違うところは、事故・故障車両を修理中の間、6時間以内ならJRSで無料のレンタカーサービスを受けられるのに対し、 カーレスキューは移動費用としてレンタカーまたはタクシーの使用料を、1万円を限度に負担してもらえることです。

あと重要なことは、カーレスキュー会員が同乗してるだけで同会員と同等のサービスを受けれることです。

親戚や友人の車によく乗せてもらう場合には非常に重宝するサービスです。

カーレスキューのデメリット

JAFやJRSと比べ、デメリットは特に思いつきません。


HOME