ロードサービスの中身

ロードサービスの一般的なサービス内容

万一ロードサービスが必要になったときは、電話をすれば24時間365日いつでも駆けつけ、 その状況に応じた処置をとってくれます。

ロードサービスを受けとき、JAFやJRS等の会員として受けるのか、または自動車保険・クレジットカードの 付属サービスとして受けるのかでも多少違ってきますが、ロードサービスで受けれるサービスはおおよそ次の通りです。

30分程度で作業が完了するもの

・バッテリーあがり
・パンク
・キー閉じ込み
・ガソリン切れ
・脱輪
・オイル漏れ

上記サービスの出張料は基本的に無料ですし、作業時間が30分程度かそれ以下であれば作業料も無料です。

ただし脱輪に関しては、一輪の脱輪なら無料ですが、二輪以上になるとサービス会社によっては 有料になる場合があります。

それとガソリン料金とオイル料金は実費が必要です。

また、もしJAFやJRS等のロードサービスを受ける場合、たとえ30分程度で完了する作業であっても、 非会員の場合は料金が高くつきます。

昼間に一般道路でタイヤをパンクさせてしまったら、JAF会員だと出張料、作業料ともに無料なのに対し、 非会員は出張料8,230円(税込)+作業料4,650円(税込)の合計12,880円を負担せねばなりません。

事故・故障車両のレッカーサービス

自動車が事故や故障で自力走行不能になったとき、現場から修理工場まで自動車をレッカー移動するサービスです。

レッカーサービスを受ける場合も、会員か非会員かでサービス料金が違ってきます。

JAF、JRSの会員であれば、出張料・作業料はともに無料で、牽引料(レッカー移動サービス料金)も 現場から修理工場までの15kmに関しては無料です。

15km超過分の1km当たり料金は、JAF会員は720円(税込)、 JRS会員は9時〜17時までは540円(税込)、17時〜9時までは648円(税込)となっています。

非会員の場合、出張料・作業料のどちらも課金され、牽引料も全額負担です。

JAFの非会員が昼間に一般道路でレッカーサービスを受けた場合、 出張料8,230円(税込)+作業料4,650円(税込)+レッカー移動距離(km)×720円の合計金額分を請求されます。

宿泊費/交通費等のアフターフォローサービス

事故や故障で自力走行ができなくなったとき、その現場が自宅から直線距離で100km以上離れている場合に限り、 宿泊費用や帰宅費用等の一部を負担してくれるサービスです。

その他にはレンタカー・タクシー等の代替交通手段の手配や、保険会社への連絡、 家族・会社などへの緊急連絡、宿泊施設の案内・手配などのサービスも提供してくれます。

また修理後の車両を自宅まで無料で搬送するサービスを実施しているロードサービスもあります。

どこまでのサービスをアフターフォローに含めているのかは、そのサービス会社によって異なります。

JRSとカーレスキューにはアフターフォローがありますが、JAFにはありません。


HOME